花嫁とパパ あらすじ ネタバレ 第七話

痛い。痛いですね,花嫁とパパの愛子(石原さとみ)の明るさ。わざとらしさ満点!無理の仕方も下手くそですね,愛子(石原さとみ)は。こうでもしないと自分を保っていられないのでしょう。とことん避けたいようですね,誠二(田口淳之介)の話題は。

そんな愛子(石原さとみ)を何とかしてあげたいと試行錯誤する賢太郎の努力は労いたいですね。

でも恋の問題はやっぱり父親よりも女同士が一番。こんなときにありがたい存在が美奈子です。まさに愛子(石原さとみ)の母親代わり。

誠二(田口淳之介)の母親が働く呉服店に行く賢太郎。そこで誠二(田口淳之介)の母親に会い,自分が愛子(石原さとみ)の父親だということは隠して母親から誠二(田口淳之介)の話を聞き出しました。この母親,本当にありえないですね。次男を何だと思っているのでしょう。

賢太郎までもが頭を下げているのに,全く耳を貸さない誠二(田口淳之介)の母親。認める気はなさそうです,今のところは。誠二(田口淳之介)がこの母親に似なくてよかった!

母親と縁を切ろうとする誠二(田口淳之介)は母親より愛子(石原さとみ)と仲直りしたいと言うけれど,愛子(石原さとみ)はそんな誠二(田口淳之介)は嫌いだと突き放します。愛子(石原さとみ)は自分に母親がいないだけに,「母親」という存在に敏感なところもあるのかもしれませんね。

だけどそれで諦める愛子(石原さとみ)ではありません。帰ってしまう母親を追いかけ,自分の気持ちをぶつけ,誠二(田口淳之介)とは別れたので誠二(田口淳之介)と仲直りしてくれと頼み込みます。そこに現れたのが誠二(田口淳之介)。なんと謝りました。頭を下げました。それから母親と父親に認めてもらえるように頑張ると。

その姿に心を打たれたのでしょうか?案外,思っていたよりも嫌な母親ではないようです。やっぱり母親は母親ですね。

「ありがとうございます,お母さん!」とお礼を言う愛子(石原さとみ)に,「私はあなたのお母さんではありません」と…。親も似た者同士ですかね。

別れる方向に話が進んでいく愛子(石原さとみ)と誠二(田口淳之介)。賢太郎は「俺とお前の仲じゃないか!」と,これからは友達として付き合おうと言います。ところが今度は愛子(石原さとみ)が「お父さん!三浦さんと結婚を前提にお付き合いさせてください!」と頭を下げだしました。どこかで聞いた台詞ですね(笑)

一方,成瀬は独立を考えている様子。そこで引き抜こうと考えているのは…?

次回の花嫁とパパは5月29日の放送です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。