花嫁とパパ 第四話 あらすじ ネタバレ

花嫁とパパのウザパパ。意気込んで田口淳之介演じる誠二の実家に挨拶に行こうと長崎まで行ったものの,家の場所がわからずに帰宅。挨拶に行ったからと言って,石原さとみ演じる愛子と誠二の交際を認めたわけじゃないようですね。しかも誠二は「修行させてください」と言い出す始末。愛子の苦労はまだまだ続きそうです。

石原さとみ演じる愛子をいびる先輩たちを連れ,愛子の家にやってきた田口淳之介演じる誠二。いくら愛子をいじめないでほしいからって,仲良くなってほしいからって,何も家まで連れてこなくても…。

そこで賢太郎が「愛子をよろしくお願いします。」と頭を下げ,いじめのことを口にすると「アシスタントを変えてもらいますから」と言われてしまう愛子。昔から憧れてきた脇田との仕事を失敗させたくないという金山の気持ちもわかります。金山がこんなにも石原さとみ演じる愛子を認めないのは,愛子が頼りないからということを考えると愛子にも非があるのかもしれません。それにしても金山のあからさまの態度はないと思いますが。

ミスを石原さとみ演じる愛子に押しつける金山。有り得ません!どんな理由があるにせよ,いくら脇田に絶望されたくないとしても,これは絶対に許されないでしょう。最低な先輩です。

働くというのはどんなものにも責任がついて回ります。一見,気楽に見えても楽な仕事なんて決してないと思うんです。賢太郎の言葉には一理ありますね。確かにミスは石原さとみ演じる愛子のせいではありません。だけどそのミスはどうなったのか。たとえ自分のせいのものじゃないとしても,アシスタントである以上放っておけるものではありません。

賢太郎もただのウザパパではないですね。

こどもが好きだったという石原さとみ演じる愛子のママはどんな母親だったのでしょうか。怒ったら賢太郎よりも怖い…。見てみたいですね。きっと賢太郎は何度も怒られたのでしょう。

衣装を持ってきた石原さとみ演じる愛子とスタッフを連れてきた田口淳之介演じる誠二。本当にいい仲間ですね。私もこんな仲間と働きたいです。

金山も石原さとみ演じる愛子に謝ってお礼もしましたし,悪い人ではなさそうです。これから先輩たちと愛子の関係も良くなるかも?

誠二の親は何なんでしょう…。誠二とは似ても似つかない人間です。どうしてこんな親からこんなこどもが生まれるのかわかりません。誠二を愛していないのでしょうか。話すのも4年ぶりという親子。ここでも一悶着おきそうな気配です。

室長!いい人じゃないですか!!石原さとみ演じる愛子をバカにしているというより,可愛がっているように感じます。妹をからかう兄のような。それにしても酔っ払った愛子をおぶって家まで送っていくなんて…愛子,いいのでしょうか!?

次回の花嫁とパパは5月15日の放送です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。