時任三郎演じる宇崎賢太郎

<時任三郎演じる宇崎賢太郎>

愛子が一歳のときに妻を亡くす。

それからは男手ひとつで娘を育て,
親一人子一人で暮らす。

愛子にとってはウザイ存在。
というのも,束縛や干渉が激しすぎるからだ。

娘の勤務先に出向いて菓子折りを配る。

仕事で遅くなると会社まで迎えに行く…。

こういった心配性でもある父親が,
愛子の悩みの種でもある。

タグ:花嫁とパパ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。