花嫁とパパのあらすじ



石原さとみ演じる愛子の最大の悩みは,
時任三郎演じる父親の「束縛」。

なんと門限は6時。
一切禁じられた男女交際。
外泊なんて問題外。

…中学生!?

まるで中学生を思わせる内容だ。

成人して大人の仲間入りを果たし,
これで父親の干渉も落ち着くと思いきや…
落ち着くどころかエスカレートしていくばかり。

束縛の激しい父親から逃れるには,
もう結婚をしてこの家を出て行くしかないのか…。

そんなときに出会った一人の青年。

笑いあり,涙ありのラブ&ホームコメディ。

少なくはない,父親の束縛に悩む女の子たちから,
多くの共感を得られそうなドラマだ。
また,父親の立場から見ても,
頷いてしまう場面もあると思う。
是非,お父さんと娘,
一緒に見てもらいたい。
理解できるものは必ずあるはず!?





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。